バレンタイン 抱っこぐまクッキーを作ってみよう!|ビタミンi家庭科部

MAKI 2017/02/07
  • シェア
  • twitter

dakkoguma_cookie

ビタミンiファクトリー家庭科部のMAKIです。
子供たちの学校ではバレンタインのチョコやお菓子をお友達同士で交換するのが恒例なので、毎年この時期になる何にするのか考えて子供たちより楽しんでいるかもしれません。
子供たちと話し合って、今年はやりの抱っこくまクッキーにすることに決めました。
チョコを溶かしてカップに入れるのもいいのですが、今年はもう一工夫して子供と一緒にクッキーを焼いてみませんか?

目次

  • 材料
  • 作り方
  • まとめ

材料

  • 無塩バター:50g
  • 粉糖:30g
  • 卵黄:1個
  • アーモンドプードル:30g
  • ベーキングパウダー:小さじ1/8
  • A薄力粉:80g
  • 抱っこさせるチョコ、アーモンドなど
  • 食紅(あれば)

 

IMG_1114

作り方

1. 室温にもどした無塩バター50gを木べらで混ぜてやわらかくしておき、粉糖を何回かに分けて加え、そのつどよく混ぜる。

2. 全卵を1. に少しずつ加え混ぜあわせる。

3. ふるっておいたアーモンドプードルを2. に加え混ぜ合わせる。

4. ベーキングパウダーをふるいながら加え混る。

IMG_1116

 

この状態では粉っぽいのですが、手でこねるとバターが溶けてまとまってきます。あんまりこねるとベトベトしてしまうので、そうなったら冷蔵庫で冷やしてください。

5. 生地を少しとりわけ、食紅でピンクで染め、ハートを作る。

6. それぞれラップに包み、冷蔵庫で30分ほど冷やす。

7. 生地を麺棒で好みの厚さに伸ばし型でぬき、オーブンシートの上に並べる。

IMG_1115

 

私は型を馬嶋屋さんで購入しました。手の長さが抱っこするために工夫がされています。

IMG_1124

 

170度で10~15分ほど焼きます。焼きあがったら網の上で冷やしてください。IMG_1135

 

 

まとめ

生地を冷やして型で抜くのに腕の部分が細いので注意が必要です。また抱っこさせるのに手を少し押し付けないと、オーブンの中で手が離れてしまう場合もあるようです。仕上げにチョコペンなどで顔を描くのもかわいいです。
お子さんと一緒に楽しく焼いてみてくださいね。

The following two tabs change content below.
MAKI

MAKI

自分の子供はもう高校生と中学生になって手が離れたのですが仕事柄小さい子とのかかわりがあって楽しんでいます。会社の中では運動部よりは文化部。運動はもっぱら愛犬との散歩。お料理や手作り大好きで、ゆる~く紹介できればと思っています!
PAGE TOP
LINE it!